花振袖の名前の由来について~前編~

花振袖の名前の由来について~前編~

本日は皆様に、私たちの名前の由来をお伝えしたいと思います。
名前の由来はお座敷でも多く話題に上がります。
この日記が、私達の名前を覚えて頂くきっかけとなれば嬉しいです。


『すみれさん〜可憐で逞しくみんなに愛される花振袖に〜』


すみれの花は小さくて可憐な花だけど、石畳の隙間から花を咲かすように逞しい花。
自分は背が小さいので、すみれの花のように可憐で逞しい存在になれるようにという思いを込めて命名されたそうです。
可憐な笑顔で、お酒の飲みっぷりがとても逞しいすみれさん!


『雀さん〜お席に福を〜』


冬生まれの雀さん。寒い冬に羽毛を膨らませて丸くなっているスズメを、福が来るスズメと書いてふくら雀と読むことから、お席に福が来るようにという意味を込めて雀と命名されたそうです。
雀には富と繁栄を願う意味もあるそうです。
お綺麗な雀さんが笑うとたちまちお席に福がやってきます!


『日向さん〜沖縄と太陽を〜』


お母様から候補を出していただき、その中で自分が気に入ったものが”日向”だそうです。
みんなに太陽のように温かみを、そして出身である沖縄らしさを感じていただけるようという意味があると温かい笑顔で話してくださいました。
日向夏という柑橘の果物が宮崎にあるので、よく宮崎出身た間違えられることがあるそうです。”けれど私は沖縄です”と日向さんはおっしゃっていました!笑


『菊乃さん〜強く元気に〜』


雀さんにおすすめしていただいた名前で、自分でも調べたら”菊”は縁起の良いもので元気という意味が、そして”乃”にはまっすぐ強く進むという意味があったので、強くかっこ良い花振袖になるように命名されたそうです。
菊乃さんがいらっしゃるとその場が活気付いたように元気になります。思いが表れていて素敵ですね!


『小豆さん〜しっとりとした安心と愛を〜』


小豆みたいに地味だけど、みんなから愛され安心できるような存在になりたいと思い命名されたそうです。
小豆さんはいつも周りを見られていて、とても心強い先輩です。
ちなみに小豆さんは、粒餡よりこし餡派でした!私は粒餡派なので、こし餡と粒餡のおはぎを買って半分こしたいですね!


以上が名前調査の由来でした。
実は初めて先輩方の由来をお聞きしました。
先輩方の思いや込められている意味を知り、とても胸がどきどきしています!

それではお次は日向さんの調査の後編で♪